コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責任準備金(保険)

保険基礎用語集の解説

責任準備金(保険)

保険契約上の責任である保険金などの支払いを確実に行うために、保険会社が保険料の中から準備しておく積立金を指します。責任準備金は、預貯金などとは異なり契約者全体の共同準備財産です。保険料を構成する純保険料部分のうち、その年の死亡保険金の支払いに使用した残額については、将来の死亡および満期保険金支払いのために準備すべき金額になります。つまり、契約上の債務である責任を将来果たすために準備すべき金額です。保険料は収支相当の原則に従って、保険期間平均的に支払われが、死亡率を考えるとその保険期間が長くなるほど、保険期間の終わりに近づくにつれて支払う死亡保険金は大きくなります。また、養老保険のように満期時に満期保険金がある保険種類については、生存してる場合は確実に満期保険金の財源となる資金は残しておくことが必要であります。この残しておくべき金額の累積額が責任準備金です。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android