コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責任準備金(保険)

1件 の用語解説(責任準備金(保険)の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

責任準備金(保険)

保険契約上の責任である保険金などの支払いを確実に行うために、保険会社が保険料の中から準備しておく積立金を指します。責任準備金は、預貯金などとは異なり契約者全体の共同準備財産です。保険料を構成する純保険料部分のうち、その年の死亡保険金の支払いに使用した残額については、将来の死亡および満期保険金支払いのために準備すべき金額になります。つまり、契約上の債務である責任を将来果たすために準備すべき金額です。保険料は収支相当の原則に従って、保険期間平均的に支払われが、死亡率を考えるとその保険期間が長くなるほど、保険期間の終わりに近づくにつれて支払う死亡保険金は大きくなります。また、養老保険のように満期時に満期保険金がある保険種類については、生存してる場合は確実に満期保険金の財源となる資金は残しておくことが必要であります。この残しておくべき金額の累積額が責任準備金です。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

責任準備金(保険)の関連キーワード他人のためにする保険契約保険契約保険契約者保険引受損益保険契約の包括移転第三者のためにする保険契約自己のためにする保険契約再保険料保険契約準備金無責

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone