コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯金箱 ちょきんばこ

3件 の用語解説(貯金箱の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちょきんばこ【貯金箱】

小銭をためておく箱。硬貨一枚が通る程度の狭い口を設け、入れた銭が簡単に取り出せない構造に作る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょきん‐ばこ【貯金箱】

少額の金銭を入れてためておく容器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょきんばこ【貯金箱】

コインを蓄えるための容器。日本では1875年に郵便貯金制度が成立してから普及したもので,当初はその名も〈貯金玉〉と呼んだ素焼きの陶製のものや竹筒が使われた。やがて,商売繁盛の縁起をかついだ七福神,福助,招き猫などが登場し,その後,木製や金属製のものができ,動物や家をかたどって置物の機能を兼ねさせるようになった。第2次大戦後は,銀行の大衆化政策によって無料で配布されるようになり,おりから普及し始めたプラスチックを素材とするものが主流になり,最近では子ども向きにアニメーションキャラクターを用いることが多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貯金箱の関連キーワードリフレッシュ囲い米鯉筌甲兵酒槽水槽芋釜猫はコインを貯める紙容器魚函

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貯金箱の関連情報