コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本の商品化 しほんのしょうひんかcapital as a commodity

世界大百科事典 第2版の解説

しほんのしょうひんか【資本の商品化 capital as a commodity】

資本の商品化とは,建物や機械などの企業資産そのものが売却されることではなく,そうした現実資本に対する出資持分(株式)が価格を与えられて売買される関係をいう。 株式会社の資本は払い込まれると同時に,現実的な機能資本と擬制的な株式資本という,二重の存在を与えられる。株券に具体化される後者の資本は,機械や原料として機能する現実資本の運動とは別に,配当を生む特殊な商品とみなされて証券市場で売買されるのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android