コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本の商品化 しほんのしょうひんかcapital as a commodity

1件 の用語解説(資本の商品化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しほんのしょうひんか【資本の商品化 capital as a commodity】

資本の商品化とは,建物や機械などの企業資産そのものが売却されることではなく,そうした現実資本に対する出資持分(株式)が価格を与えられて売買される関係をいう。 株式会社の資本は払い込まれると同時に,現実的な機能資本と擬制的な株式資本という,二重の存在を与えられる。株券に具体化される後者の資本は,機械や原料として機能する現実資本の運動とは別に,配当を生む特殊な商品とみなされて証券市場で売買されるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone