コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本の商品化(読み)しほんのしょうひんか(英語表記)capital as a commodity

世界大百科事典 第2版の解説

しほんのしょうひんか【資本の商品化 capital as a commodity】

資本の商品化とは,建物や機械などの企業資産そのものが売却されることではなく,そうした現実資本に対する出資持分(株式)が価格を与えられて売買される関係をいう。 株式会社の資本は払い込まれると同時に,現実的な機能資本と擬制的な株式資本という,二重の存在を与えられる。株券に具体化される後者の資本は,機械や原料として機能する現実資本の運動とは別に,配当を生む特殊な商品とみなされて証券市場で売買されるのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android