コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賈宝玉 かほうぎょく Jia Bao-yu

3件 の用語解説(賈宝玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賈宝玉
かほうぎょく
Jia Bao-yu

中国,清の曹雪芹の小説『紅楼夢』の主人公。長安の大貴族でやがて没落する賈家の御曹子。従妹の林黛玉 (たいぎょく) との悲恋ののち,科挙に合格しながら現世の名誉や富を拒否して,崩壊しかかった家をあとに行くえをくらませてしまう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かほうぎょく【賈宝玉 Jiǎ Bǎo yù】

中国,清代の小説《紅楼夢》の主人公。賈家の若君として,祖母の史氏に溺愛され,〈十二釵(さ)〉と併称される優れた女子に囲まれて成長するうち,汚れなき少女を至上のものと賛仰する一種の処女崇拝主義を培う。〈紅(赤色)〉を好み,幼年時代の放言に〈男は泥,女は水でできている〉とあるように,自己をも含め,男子は〈濁った存在〉としか映らない。在来の小説にありふれた〈才子〉像とは異なり,儒教をあがめて八股(はつこ)文の稽古に励み,科挙に通り官僚として栄達することを目標とした当時の読書人の風潮に疑問を抱くため,父の賈政からたえず訓戒を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かほうぎょく【賈宝玉】

中国の小説「紅楼夢」の主人公。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の賈宝玉の言及

【曹雪芹】より

…この長編は曹家の栄枯の歴史をフィクション仕立てでつづったものといえ,曹家が〈犯罪〉を招いた官界の構造を告発し,その無実を訴えんとする意図が隠されていよう。主人公賈(か)宝玉は作者の青春像の投影かとも見られる。脂硯斎ら肉親,知友の協力と励ましを受け,10年以上にわたって改訂を重ねるうち,貧困のため一子を病没させ,感傷のあまり未完のまま世を去った。…

※「賈宝玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

賈宝玉の関連キーワード紅楼夢呉敬梓兪平伯紅楼主公大観園松枝茂夫アンチ・ヒーロー《紅楼夢研究》批判林黛玉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賈宝玉の関連情報