コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賭(け) カケ

2件 の用語解説(賭(け)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ【賭(け)】

《「掛け」と同語源》
勝負事や当て事に金品を出し合い、勝った者がそれを取る約束で争うこと。また、その金品。かけごと。「賭けに勝つ」「賭けをする」
結果は運にまかせて、思い切って物事をすること。「大きな賭けに出る」

と【賭】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]かける かけ
かける。「賭銭
かけ。ばくち。「賭博(とばく)
[難読]賭弓(のりゆみ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の賭(け)の言及

【賭博】より

…金銭や物品を賭けて勝負をあらそうことで,〈ばくち〉〈かけごと〉ともいう。
【日本】

[古代]
 かけごとの習俗は古くからみられ,《古事記》に秋山之下氷壮夫(あきやまのしたびおとこ)と春山之霞壮夫(はるやまのかすみおとこ)が伊豆志袁登売(いずしおとめ)をめぐり妻争いをし,衣服をぬぎ山河の産物を備えて,かけごとを行ったとある。…

※「賭(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone