コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤木正雄 あかぎ まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤木正雄 あかぎ-まさお

1887-1972 大正-昭和時代の砂防工学者,政治家。
明治20年3月24日生まれ。農商務省山林局などにつとめ,大正12年オーストリアに留学,砂防技術を日本に導入した。昭和17年貴族院議員,22年参議院議員(当選2回,緑風会)。46年文化勲章。昭和47年9月24日死去。85歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「渓流及砂防工学」,自伝「砂防一路」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤木正雄
あかぎまさお

[生]1887.3.24. 兵庫,豊岡
[没]1972.9.24. 東京,杉並
行政官,政治家。1914年東京帝国大学農科大学林学科卒業。内務省,農商務省在職中,瀬田川,吉野川(四国),淀川,および立山山系,飛騨山系など全国で砂防工事を指導した。1923年休職してオーストリアに 2年間留学し,近代的な砂防技術を習得した。1935年全国治水砂防協会を創設,国土の保全と開発につながる治水機構の確立に貢献し,「砂防の父」「砂防の神様」と呼ばれた。退官後の 1942年貴族院議員,1947~56年参議院議員。1971年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

赤木正雄の関連キーワード昭和時代瀬田川