コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿ヶ京温泉 さるがきょうおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿ヶ京温泉
さるがきょうおんせん

群馬県北部,みなかみ町赤谷湖の北岸,国道 17号線沿いにある温泉。開湯は元和年間 (1615~24) といわれ,笹の湯,湯島温泉などと呼ばれた。この地は江戸時代初期に三国街道宿場町,関所でもあった。温泉は初め赤谷川の岸にあったが,1959年の相俣ダムの完成によりできた赤谷湖の湖底に沈み,移転して猿ヶ京温泉と改めた。近代的な鉄筋建築が多く,諸設備も整い,赤谷湖でボートや釣りも楽しめる。泉質は含食塩芒硝泉。泉温 64℃。皮膚病,神経痛,胃腸病に効能があるといわれる。湯宿温泉法師温泉,川古温泉などの温泉とともに三国温泉郷を形成する。付近は上信越高原国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さるがきょう‐おんせん〔さるがキヤウヲンセン〕【猿ヶ京温泉】

群馬県北部、利根郡みなかみ町にある温泉。三国温泉郷の中心。泉質は硫酸塩泉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕猿ヶ京温泉(さるがきょうおんせん)


群馬県利根(とね)郡みなかみ町西部、赤谷(あかや)湖(相俣(あいまた)ダム)北岸にある行楽・保養向きの温泉。笹ノ湯(ささのゆ)温泉が1958年(昭和33)のダム建設で水没、湯島(ゆじま)温泉と一体化して改称。赤谷川沿いに点在する猿ヶ京温泉・三国(みくに)温泉郷の中心。赤谷湖畔はサクラの名所。冬季には付近のスキー場および新潟県側の苗場(なえば)スキー場の基地となる。カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩・塩化物泉。泉温66℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿ヶ京温泉
さるがきょうおんせん

群馬県利根(とね)郡みなかみ町、人造湖の赤谷(あかや)湖(相俣(あいまた)ダム)北岸の台地にある近代的温泉地。1958年(昭和33)相俣ダム建設で湖底に没する笹ノ湯(ささのゆ)温泉が移転して、従来からの湯島(ゆじま)温泉といっしょになり改称した。湧出(ゆうしゅつ)量豊富で、泉質は塩化物泉。旧三国(みくに)街道に猿ヶ京関所跡がある。赤谷湖でボート遊びや釣りが楽しめる。国道17号が通じ、JR上越新幹線上毛高原駅や上越線後閑(ごかん)駅からバスが通じる。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

猿ヶ京温泉の関連キーワード三国路与謝野晶子紀行文学館新治(群馬県)赤沢スキー場新治[村]眺望権宮野城後閑新治

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猿ヶ京温泉の関連情報