コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿ヶ京温泉 さるがきょうおんせん

4件 の用語解説(猿ヶ京温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿ヶ京温泉
さるがきょうおんせん

群馬県北部,みなかみ町赤谷湖の北岸,国道 17号線沿いにある温泉。開湯は元和年間 (1615~24) といわれ,笹の湯,湯島温泉などと呼ばれた。この地は江戸時代初期に三国街道の宿場町,関所でもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕猿ヶ京温泉(さるがきょうおんせん)


群馬県利根(とね)郡みなかみ町西部、赤谷(あかや)湖(相俣(あいまた)ダム)北岸にある行楽・保養向きの温泉。笹ノ湯(ささのゆ)温泉が1958年(昭和33)のダム建設で水没、湯島(ゆじま)温泉と一体化して改称。赤谷川沿いに点在する猿ヶ京温泉・三国(みくに)温泉郷の中心。赤谷湖畔はサクラの名所。冬季には付近のスキー場および新潟県側の苗場(なえば)スキー場の基地となる。カルシウムナトリウム‐硫酸塩・塩化物泉。泉温66℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿ヶ京温泉
さるがきょうおんせん

群馬県利根(とね)郡みなかみ町、人造湖の赤谷(あかや)湖(相俣(あいまた)ダム)北岸の台地にある近代的温泉地。1958年(昭和33)相俣ダム建設で湖底に没する笹ノ湯(ささのゆ)温泉が移転して、従来からの湯島(ゆじま)温泉といっしょになり改称した。湧出(ゆうしゅつ)量豊富で、泉質は塩化物泉。旧三国(みくに)街道に猿ヶ京関所跡がある。赤谷湖でボート遊びや釣りが楽しめる。国道17号が通じ、JR上越新幹線上毛高原駅や上越線後閑(ごかん)駅からバスが通じる。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猿ヶ京温泉の関連情報