コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免ずる メンズル

デジタル大辞泉の解説

めん・ずる【免ずる】

[動サ変][文]めん・ず[サ変]
許す。許して負担・義務などを除く。免除する。「罪を―・ずる」「学費を―・ずる」
職をやめさせる。職を解く。「官を―・ずる」
(「…に免じて」の形で)罪や過失を、本人の功労や事情、また関係者の面目・とりなしなどによって許す。大目にみる。「業績に―・じて許しましょう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めんずる【免ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 めん・ず
免除する。許す。 「授業料を-・ずる」 「重科は遠流に-・ず/平家 3
職務をやめさせる。免職にする。 「任期満了により学部長の職を-・ずる」
(「…に免じ」の形で)それを考慮して、特に許す。 「これまでの功労に-・じて罪を軽くする」 「どうか私に-・じて許して下さい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

免ずるの関連キーワード交通反則通告制度御用済み免じる伎楽免職免税暇状ずる

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

免ずるの関連情報