走査型トンネル顕微鏡(読み)ソウサガタトンネルケンビキョウ

デジタル大辞泉の解説

そうさがたトンネル‐けんびきょう〔‐ケンビキヤウ〕【走査型トンネル顕微鏡】

鋭くとがった探針(プローブ)を試料表面に近づけ、そこに流れる微弱なトンネル電流を利用し、原子レベルで試料表面の立体構造を観察できる顕微鏡。試料は導電性のものに限られる。走査型プローブ顕微鏡の一。1982年にドイツのG=ビーニッヒ、スイスのH=ローラーにより発明され、二人はこの功績により1986年にノーベル物理学賞を受賞。STM(scanning tunneling microscope)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

走査型トンネル顕微鏡【そうさがたトンネルけんびきょう】

微小なきわめて細い金属針の先端を物質表面に近づけたとき,トンネル効果によって流れる電流を測定することにより,試料表面の形状を原子スケールの精度で観測する顕微鏡。金属針先端を圧電素子を用いた微細駆動装置によって動かし,物質表面をなぞるようにしてトンネル電流が一定になる位置を走査していくことで,表面形状の立体画像が得られる。1原子程度の凹凸まで観察でき,表面科学の研究を画期的に進展させた。半導体や金属表面の観察をはじめ,有機材料から生体分子の研究まで幅広い分野で利用されている。IBMチューリヒ研究所のG.ビニッヒとH.ローラーが1980年代初頭に発明,この功績により両者は1986年にノーベル物理学賞を受賞。
→関連項目STM

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

走査型トンネル顕微鏡
そうさがたとんねるけんびきょう
scanning tunnelling electron microscope

略称STM。試料表面に鋭くとがった針を1000分の1マイクロメートル以下に近づけて、針と試料の間に流れるトンネル電流が一定になるようにし、原子レベルの極微な位置情報を電気的または機械・光学的に取り出し、コンピュータ処理により立体像をつくる顕微鏡。プローブ(針)は圧電素子で駆動され、電圧により上下左右に微細に走査できる。金属表面に吸着された原子や分子、高温超伝導体や半導体結晶の表面構造、DNAの二重螺旋(らせん)、ウイルスの構造などの観察が可能である。
 針のかわりに微細なカンチレバーを利用した原子間力顕微鏡(AFM)は絶縁物表面や高分子材料の構造のほか、吸着力や摩擦力、磁力などの観察が可能である。また、観察対象に応じたプローブによってフォトンSTM(PSTM)、トンネル音響顕微鏡(TAM)、走査型イオン伝導顕微鏡(SICM)などが開発され、STMとともにナノテクノロジーの主要機器を構成している。[岩田倫典]
『西川治編著『走査型プローブ顕微鏡』(1998・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android