コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高温超伝導体 コウオンチョウデンドウタイ

デジタル大辞泉の解説

こうおん‐ちょうでんどうたい〔カウヲンテウデンダウタイ〕【高温超伝導体】

従来の金属系超伝導物質より高い温度で超伝導状態を現す金属酸化物。1986年以降、90K(絶対温度)のものが発見され、冷却剤に液体ヘリウムよりも安価な液体窒素を用いて実現できる。HTS(high-temperature superconductors)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

高温超伝導体の関連キーワード走査型トンネル顕微鏡ペロブスカイト構造超伝導マグネットペロブスカイト酸化ビスマス希土類元素高温超伝導JPARC超伝導合金ベドノルツ超伝導体細野秀雄ランタン十倉好紀ミュラー複雑系シャル

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高温超伝導体の関連情報