コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超常磁性 ちょうじょうじせいsuperparamagnetism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超常磁性
ちょうじょうじせい
superparamagnetism

強磁性体,または反強磁性体の非常に小さい微粒子の集りでは,本来の磁性を示さず,熱運動エネルギーの大きい高温では,磁気モーメントは向きが乱され,常磁性に似る。残留磁化も示さない。また磁化率キュリーの法則に従う。このような現象を超常磁性という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

超常磁性の関連キーワードキュリー

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android