コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超高圧送電 ちょうこうあつそうでん extra-high voltage power transmission

5件 の用語解説(超高圧送電の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超高圧送電
ちょうこうあつそうでん
extra-high voltage power transmission

275kV以上の送電電圧による送電方式。送電電圧を高めることにより,送電容量を増し,送電損失を減じ,経済的で効率のよい送電ができる。一方,昇圧に必要な絶縁に対する技術の向上によって,超高圧送電が可能となり,1952年関西電力の新北陸幹線でこの方式が開始された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうこうあつ‐そうでん〔テウカウアツ‐〕【超高圧送電】

275キロボルトから1000キロボルト程度の電圧で行う送電。日本では275キロボルト、および500キロボルトの送電線がある。これ以上はUHV(極超高圧)送電という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

超高圧送電【ちょうこうあつそうでん】

送電電圧が200キロボルト級以上の送電をいう。長距離送電においては送電電力が大きいほど,高い送電電圧が経済的に有利となる。このため大電力長距離送電の発達とともに超高圧化が進み,現在400〜750キロボルト級の送電が各国で実施されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちょうこうあつそうでん【超高圧送電】

187キロボルト 以上の電圧で行う送電方式。 → UHV 送電そうでん( ABC 略語)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超高圧送電
ちょうこうあつそうでん

170キロボルト以上の電圧の電力系統をいう。電力系統の電圧は系統規模の拡大とともに逐次高電圧化し、275キロボルト、500キロボルトなどが採用されている。明治20年代の電力系統発足当時は210ボルト(直流方式)が採用され、引き続いて3000ボルト(交流方式)へと移行し、系統の拡大とともに明治時代後半には66キロボルトが、大正時代にはさらに154キロボルトが導入されるに至った。一般に発電所は用地事情や環境面の制約などから遠隔地に建設される。ここで発生する大電力を需要の中心地まで輸送するには、もっとも信頼度が高く損失が少ない送電方式が必要であり、このため高電圧化、大電流化(電線の太線化、多導体の採用など)が進められてきた。発電機の発生電圧は発電機の絶縁特性などを考慮し、もっとも経済的な10キロ~30キロボルトが採用されている。発電所から需要地までの電力輸送超高圧送電線が用いられ、需要家近傍において変電所の変圧器で逐次電圧を低下させ、一般の需要家においては6600ボルトの配電線で供給されている。一般家庭には配電線の柱上変圧器でさらに電圧を下げ、100(あるいは200)ボルトで供給している。諸外国においても大電力の輸送のため高電圧化が進められ、750キロボルトの例もある。日本においては電力需要の伸びとともにさらに大電力輸送が必要となるので、UHV(ultra high voltage。1000キロボルト)の技術が開発され、UHV送電線がすでに建設されている(2012年時点では500キロボルトで運転中)。この日本のUHV送電の技術は国際電気標準規格(IEC規格。IEC=国際電気標準会議が定めた国際規格)に採用されている。超高圧送電では鉄塔の高さは数十メートルに達すること、鉄塔径間(鉄塔間の距離)が数百メートルにも及ぶこと、送電線も太線化あるいは多導体化(たとえば4導体、8導体)することなどから、機械的強度などに配慮して建設される。また、雷事故などの影響を最小限にとどめるために架空地線(鉄塔最上部に設置するアース線)、アーキングホーン(落雷のとき電線支持碍子(がいし)の損傷を防止するためのもの)などが付加されている。[内田直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の超高圧送電の言及

【送電】より

…交流を用いる場合を交流送電,直流の場合を直流送電という。交流送電は通常三相交流を用い,送電電圧によって超高圧送電,UHV送電などと呼ばれる。
[歴史]
 電気がエネルギーとして最初に実用化されたのはアーク灯であった。…

※「超高圧送電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超高圧送電の関連キーワードアミノ安息香酸曹丕陳寔かきのきむらスイクンデトロイト 1-8-7ピュアラインにしきエナント酸エチル長崎大水害

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超高圧送電の関連情報