コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前奉書 えちぜんほうしょ

1件 の用語解説(越前奉書の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

越前奉書【えちぜんほうしょ】

越前国で生産された上質和紙。16世紀末には紙座があって,今立(いまだて)郡大滝(おおたき)郷をはじめとした五箇(ごか)村地方(現福井県越前市)産が知られた。江戸時代,幕府や大名などの誂(あつらえ)物と,三都(江戸・大坂・京都)に出す商物を生産し活況を呈したが,後期には類似の紙類が諸国に増加,売行きが落ち,紙漉(かみすき)の農民は困窮,御用紙屋の大商人から原料を借りる問屋制前貸に取り込まれていった。
→関連項目紙漉鳥の子紙奉書紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の越前奉書の言及

【越前紙】より

…しかし,代表的な産地にまで発展するのは,中世に優れた奉書紙をすくようになってからと思われる。越前奉書がはじめて文献にあらわれるのは,興福寺の大乗院尋憲の《尋憲記》の元亀4年(1573)のくだりで,越前にて奉書かみを購入したとある。奉書紙は武家社会を代表する紙ともいえ,各地ですかれたが,江戸時代の《紙譜》(1777)など諸書が物語るように,越前の岩本,大滝,新在家,定友,不老(おいず)の5ヵ村ですき出す越前奉書は日本一と評価された。…

【楮紙】より

…那須楮は茨城県北部の久慈郡大子町を中心とした久慈川流域で産出され,繊維は比較的細くて短く,繊細であるため,それを原料とした紙は温かみのある緻密(ちみつ)な紙肌となる。那須楮を使う紙は地元の西の内紙,程村紙(ほどむらがみ)のほか,越前奉書や本美濃紙(ほんみのし)などがある。本来,越前奉書は地元のコウゾや加賀楮,本美濃紙は津保草(つぼくさ)とよばれる地元のコウゾを使っていたものだが,現在は絶えてしまったので,よく似た性質の那須楮で代用している。…

【奉書紙】より

…その奉書を記した上等な楮紙をも,しだいに奉書と呼ぶようになった。江戸時代に各藩の御用漉きなどを中心として,数多くの産地で奉書紙を漉き出したが,そのなかで日本一といわれるほど高い評価を得たのは,越前の5ヵ村から漉き出された越前奉書であった。奉書には大きさで大中小,あるいは大広,中広などの違い,装飾方法によって五色奉書,縮緬(ちりめん)奉書,打曇(うちぐもり)奉書,墨流(すみながし)奉書,絵奉書など多くの種類があった。…

※「越前奉書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

越前奉書の関連キーワード市川紙オーガニック生産国民所得奈良麻二十世紀コインブラ新大聖堂コチジャン甘露醤油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越前奉書の関連情報