コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前紙 えちぜんがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越前紙
えちぜんがみ

福井県 (越前国) 今立郡地方で産する紙で,奉書鳥の子紙として古くから知られる。特に江戸時代は御用品として専売されていたが,明治・大正期は光沢紙,印刷紙も製造。現在は美術紙,書画紙,奉書のほか,局紙 (証券用紙) ,襖紙,壁紙などにも使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えちぜん‐がみ〔ヱチゼン‐〕【越前紙】

福井県越前市今立地区から産出される和紙の総称。特に奉書紙・鳥の子紙は良質で有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えちぜんがみ【越前紙】

代表的な和紙産地である福井県今立郡今立町で産する手すき和紙の総称。奈良時代の正倉院文書や平安時代の延喜式によれば,古代の越前国は有力な産紙国の一つであった。しかし,代表的な産地にまで発展するのは,中世に優れた奉書紙をすくようになってからと思われる。越前奉書がはじめて文献にあらわれるのは,興福寺の大乗院尋憲の《尋憲記》の元亀4年(1573)のくだりで,越前にて奉書かみを購入したとある。奉書紙は武家社会を代表する紙ともいえ,各地ですかれたが,江戸時代の《紙譜》(1777)など諸書が物語るように,越前の岩本,大滝,新在家,定友,不老(おいず)の5ヵ村ですき出す越前奉書は日本一と評価された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えちぜんがみ【越前紙】

福井県越前市に産出した和紙。特に、奉書紙・鳥の子紙は有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越前紙
えちぜんがみ

福井県越前市(越前国、旧岡本村)付近で産出される和紙。この紙の起源には古い伝説が残っており、岡本村の大滝神社の一祭神が美しい乙女となって現れ、村民に紙漉(かみす)きを教えたという。774年(宝亀5)の『正倉院文書』に、すでに越前産紙の名がみられる。室町時代に、岡本村のなかの大滝、岩本、定友、不老(おいず)、新在家の5地区で奉書紙が漉かれ、著名となった。また鳥の子紙や各種工芸紙の生産は、質量ともに現代に至るまで名声を博し、伝統を誇っている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の越前紙の言及

【今立[町]】より

…福井県中部,今立郡の町。1956年粟田部町が改称の後,岡本村を編入。人口1万4424(1995)。武生(たけふ)盆地の東縁にあり,越前中央山地を刻む鞍谷川とその支流の谷を占める。狭い耕地と冬の積雪から古来農産加工が盛んで,それが現在の機業兼業農家につながり,リボン類の細幅織に特色がある。中心の粟田部は三里山の南縁にあり,古くから付近の商業地であった。その南東の五箇(ごか)は越前和紙で名高い旧岡本村であり,大滝を中心に不老(おいず),岩本,新在家,定友が専業和紙産地を形成している。…

【局紙】より

…はじめは手すき紙であったが,のちに機械すきも行われた。現在,越前紙(福井県今立郡今立町)など民間でもすかれている。そのおもな用途は,証券・株券・賞状・辞令用紙などである。…

【鳥の子紙】より

…名称の由来については,西の内紙の産地でもある茨城県那珂郡鷲子村(現,美和村)に由来するとの説もあるが,多くは未ざらしの雁皮紙が鶏卵の淡黄色に似ているところに由来するという説を採っている。代表的な産地は越前(武生と敦賀,越前紙)と摂津(名塩紙)である。越前の鳥の子紙は,薄様(うすよう),中様(ちゆうよう)などの厚さの違いのほか,内曇(うちぐもり),水玉(みずたま),漉(す)き模様(当時は絵鳥の子などと称した),墨流しなどの装飾をほどこしたり,植物染による各色の色鳥の子紙など,技巧的に優れたものが多かった。…

※「越前紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

越前紙の関連キーワード岡本(福井県)福井県越前市間似合紙名塩紙大広五箇

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越前紙の関連情報