越婢加朮湯(読み)えっぴかじゅつとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

えっぴかじゅつとう【越婢加朮湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)石膏(せっこう)麻黄(まおう)朮(じゅつ)または蒼朮(そうじゅつ)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。腎(じん)炎ネフローゼ症候群痛風関節炎リウマチ脚気(かっけ)夜尿症湿疹(しっしん)などに用い、むくみがあり、喉(のど)が渇く、尿の量が少ない、尿が出にくいといった症状をともなっているとき、とくに有効とされる。比較的体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android