旨趣(読み)シイシュ

デジタル大辞泉の解説

しい‐しゅ【旨趣】

ししゅ(旨趣)」の慣用読み
「心の底に―を残すべきにあらず」〈高野本平家・二〉

し‐しゅ【旨趣】

《慣用読みで「しいしゅ」とも》
事柄の意味・理由。趣旨。「発議の旨趣を述べる」
心の中で考えていること。所存。
「最後の申し状と存ずれば、心底に―を残すべからず」〈盛衰記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しいしゅ【旨趣】

「ししゅ(旨趣)」の慣用読み。 「心の底に-を残すべきに非ず/平家 2

ししゅ【旨趣】

事のおもむき。わけ。趣旨。しいしゅ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しい‐しゅ【旨趣】

〘名〙 (「ししゅ(旨趣)」の慣用読み)
① その事の目的や意味・内容。趣旨。趣意。
※高野本平家(13C前)五「勅宣の旨趣(シイシュ)をまもって」
② 心の中で考えていること。所存。存念。
※高野本平家(13C前)二「恐れある申し事にて候へども、心の底に旨趣(シイシュ)を残すべきに非ず」

し‐しゅ【旨趣】

〘名〙
① 事のわけ。おもむき。内容。趣意。趣旨。しいしゅ。
※吾妻鏡‐治承五年(1181)正月二一日「彼禅門及子葉孫枝可敗北之由、都鄙貴賤之間、皆蒙夢想、其旨趣雖分」
※名語記(1275)五「三十一字に旨趣をいひのべたるをうたとなづく」 〔嵆康‐琴賦序〕
② 心に思っていること。考え。所存。存念。しいしゅ。
源平盛衰記(14C前)六「最後の申状と存れば心底に旨趣を残すべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android