コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゅgati

8件 の用語解説(趣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゅ
gati

仏教用語。死後における存在の状態をいう。人はその存命中の行為に応じて,死後それぞれの新たな生存の状態に到達するが,仏教では異説がある。地獄における生存 (地獄) ,死霊としての生存 (餓鬼) ,獣類としての生存 (畜生) ,阿修羅としての生存 (修羅) ,人間としての生存 (人) ,神々としての生存 (天) の6種を六趣といい,前3者を三悪趣,あとの3者を三善趣といったりする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おも‐むき【趣】

そのものが感じさせる風情。しみじみとした味わい。「冬枯れの景色もがある」
全体から感じられるようす・ありさま。「異国的なのある街」「大陸とはを異にした文化」
言おうとしていること。趣旨。「お話のは承知しました」
聞き及んだ事情。ようす。「承りますればご病気の、お案じ申しております」
やり方。方法。
「合戦の―はからひ申せ」〈保元・上〉

しゅ【趣】

仏語。衆生(しゅじょう)が自己のつくった業(ごう)によっておもむく世界。六趣。

しゅ【趣】[漢字項目]

常用漢字] [音]シュ(漢) [訓]おもむき おもむく
心の向かうところ。めざすところ。考え。「趣意趣向趣旨意趣
おもむき。あじわい。「趣味雅趣興趣詩趣情趣風趣妙趣野趣
仏教で、衆生が輪廻(りんね)の間に行って住む世界。「三悪趣
[名のり]とし

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもぶき【趣】

おもむき(趣) 」に同じ。 「真言の-深さあささの程を聞しめして/栄花

おもむき【趣】

風情ふぜいのある様子。あじわい。 「 -のある庭」
気配。気分。感じ。 「秋の-が深くなる」
だいたいの内容。わけ。事情。 「お話の-は父から聞いております」
様子。状況。 「近く御上京の-、家族一同お待ちしております」
心の動き。心が動く方向。 「人の心々、おのがじしの立てたる-も見えて/源氏 帚木

おもむけ【趣】

〔下二段動詞「おもむく」の連用形から〕
意向。おもぶけ。 「ただ大殿の御-の異なるにこそはあなれ/源氏 藤袴

しゅ【趣】

〘仏〙 衆生しゆじようが自らの行為によっておもむく場所。また、生きるさま。六趣。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

趣の関連情報