(読み)しゅ(英語表記)gati

  • おもぶき
  • おもぶけ
  • おもむき
  • 漢字項目

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。死後における存在の状態をいう。人はその存命中の行為に応じて,死後それぞれの新たな生存の状態に到達するが,仏教では異説がある。地獄における生存 (地獄) ,死霊としての生存 (餓鬼) ,獣類としての生存 (畜生) ,阿修羅としての生存 (修羅) ,人間としての生存 (人) ,神々としての生存 (天) の6種を六趣といい,前3者を三悪趣,あとの3者を三善趣といったりする。また三悪道,三善道とも称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そのものが感じさせる風情。しみじみとした味わい。「冬枯れの景色もがある」
全体から感じられるようす・ありさま。「異国的なのある街」「大陸とはを異にした文化」
言おうとしていること。趣旨。「お話のは承知しました」
聞き及んだ事情。ようす。「承りますればご病気の、お案じ申しております」
やり方。方法。
「合戦の―はからひ申せ」〈保元・上〉
仏語。衆生(しゅじょう)が自己のつくった業(ごう)によっておもむく世界。六趣。
常用漢字] [音]シュ(漢) [訓]おもむき おもむく
心の向かうところ。めざすところ。考え。「趣意趣向趣旨意趣
おもむき。あじわい。「趣味雅趣興趣詩趣情趣風趣妙趣野趣
仏教で、衆生が輪廻(りんね)の間に行って住む世界。「三悪趣
[名のり]とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

※源氏(1001‐14頃)行幸「おほやけざまにて、さる所のことをつかさどり、まつりごとのおもぶきをしたため知らむことは」
※書紀(720)継体七年一二月(前田本訓)「聖の化(オモフケ)に憑(よ)りて、遠く扇え」
〘名〙 (gati の訳語。道とも) 仏語。衆生が自己の業(ごう)によって得る生存の状態、また世界。地獄・餓鬼等の悪趣、人間・天上等の善趣などがある。六趣。
※永平道元禅師清規(13C中)典座教訓「我若生地獄、餓鬼、畜生、修羅等之趣

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

趣の関連情報