コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躑躅崎館 つつじがさきやかた

2件 の用語解説(躑躅崎館の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

躑躅崎館【つつじがさきやかた】

現在の甲府市北部,日影山南麓,相川の扇状地に造営された戦国大名甲斐武田氏の居館。1519年武田信虎が築き,信虎以後も武田信玄武田勝頼の領国支配の拠点として機能。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つつじがさきやかた【躑躅崎館】

甲斐の戦国大名武田氏の居館。現在甲府市古府中町にその跡が残る。1519年(永正16)最初に館を築いた信虎が石和の川田館から移り住み,81年(天正9)に勝頼が新府韮崎に築城して移るまで,武田3代の領国統治の中心であった。館の北方4kmに位置する石水寺丸山には要害城が築かれ,館とともに館城の役割をになっていた。館の規模は堀を含めて東西約200m,南北約190m,面積約1万3930坪(4万6000m2)で,館のまわりには堀がめぐらされ,その内側は土塁で囲んであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

躑躅崎館の関連キーワード甲府市甲斐ヶ嶺武田武田菱大泉寺大井夫人坂田甚八辻盛昌広瀬郷左衛門松平信吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone