コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躑躅崎館 つつじがさきやかた

百科事典マイペディアの解説

躑躅崎館【つつじがさきやかた】

現在の甲府市北部,日影山南麓,相川扇状地に造営された戦国大名甲斐武田氏居館。1519年武田信虎が築き,信虎以後も武田信玄武田勝頼の領国支配の拠点として機能。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つつじがさきやかた【躑躅崎館】

甲斐の戦国大名武田氏の居館。現在甲府市古府中町にその跡が残る。1519年(永正16)最初に館を築いた信虎が石和の川田館から移り住み,81年(天正9)に勝頼が新府韮崎に築城して移るまで,武田3代の領国統治の中心であった。館の北方4kmに位置する石水寺丸山には要害城が築かれ,館とともに館城の役割をになっていた。館の規模は堀を含めて東西約200m,南北約190m,面積約1万3930坪(4万6000m2)で,館のまわりには堀がめぐらされ,その内側は土塁で囲んであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

躑躅崎館の関連キーワード甲府[市]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

躑躅崎館の関連情報