コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身代金誘拐罪 みのしろきんゆうかいざい

4件 の用語解説(身代金誘拐罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身代金誘拐罪
みのしろきんゆうかいざい

「誘拐罪略取罪」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みのしろきんゆうかい‐ざい〔みのしろキンイウカイ‐〕【身代金誘拐罪】

身代金目的略取等罪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

身代金誘拐罪【みのしろきんゆうかいざい】

近親その他被拐取者の安否を憂慮する者の憂慮に乗じてその者から財物を交付せしめる目的で,人を略取・誘拐する行為(刑法225条の2)。刑は無期または3年以上の懲役。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身代金誘拐罪
みのしろきんゆうかいざい

近親者その他略取されまたは誘拐された者の安否を憂慮する者の憂慮に乗じてその財物を交付させる目的で、人を略取または誘拐したり、人を略取または誘拐した者が、近親者その他略取されまたは誘拐された者の安否を憂慮する者の憂慮に乗じてその財物を交付させ、またはこれを要求する罪で、無期または3年以上の懲役に処せられる(刑法225条の二)。従来現行刑法には営利誘拐罪(225条)があり、「営利の目的」、すなわち行為者自らが財産上の利益を得、または第三者に得させる目的で略取・誘拐する行為は、1年以上10年以下の懲役に処せられるのだが、第二次世界大戦後、とくに身代金を交付させる目的で誘拐するケースが頻発したため、1964年(昭和39)の刑法一部改正により本罪が新設され、刑が加重された。「近親者その他略取されまたは誘拐された者の安否を憂慮する者」とは、親子、夫婦、兄弟姉妹のような近親者のほか、里親、住み込み店員に対する店主のように、近親に類した関係にある者も含まれる。本罪の未遂および予備も処罰される(刑法228条・228条の三)。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身代金誘拐罪の関連キーワード安否拐取帰寧牛後勢徳憂慮略取誘拐罪和南里見舞憂慮する科学者同盟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone