車裂(読み)くるまざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車裂
くるまざき

戦国時代の生命刑の一種。古代中国のかん裂にならったもの。車2両に囚人の片足ずつを結びつけ,車を逆方向に動かすことにより,その身体を2分すること。戦国諸大名の家法においては,一般予防のための威嚇刑が,多く見出されるが,車裂は,牛裂,鋸挽 (のこぎりびき) などとともに,そのはなはだしきものの一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くるま‐ざき【車裂】

〘名〙 中世に行なわれたという刑罰の一つ。二両の車に片足ずつを縛りつけ、車をそれぞれ反対方向に走らせて罪人の肢体を引き裂くもの。
愚管抄(1220)七「車裂にせられたりなど申すぞかし」

しゃ‐れつ【車裂】

〘名〙 車二台に罪人の各片足をしばりつけ、車を左右に引き離してからだを裂く刑。くるまざき。
※異制庭訓往来(14C中)「堯舜五刑、禹穆贖形、秦之車裂、楚之鼎鑊也」 〔春秋左伝‐襄公二二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の車裂の言及

【刑罰】より

…五刑とは黥(げい)(また墨(ぼく),顔面への入墨),劓(ぎ)(はなきり),刖(げつ)(また剕(ひ),あしきり),宮(きゆう)(男子は去勢,女子は幽閉),大辟(たいへき)(死刑)であり,生命刑と肉刑と称された身体刑(終身の強制労働をともなう)より成る。死刑の種類は,炮烙(ほうらく),焚(ふん)などの火刑をはじめ,烹(ほう)(かまゆで),車裂(また轘(かん)),支解(しかい)(四肢を断つ),腰斬(ようざん),磔(たく)(はりつけ),梟首(きようしゆ)(さらし首)など過酷なものも多い。棄市(きし)とは市場での公開処刑であり,また夷三族など親族まで死刑に処することもあった。…

【刑罰】より

…五刑とは黥(げい)(また墨(ぼく),顔面への入墨),劓(ぎ)(はなきり),刖(げつ)(また剕(ひ),あしきり),宮(きゆう)(男子は去勢,女子は幽閉),大辟(たいへき)(死刑)であり,生命刑と肉刑と称された身体刑(終身の強制労働をともなう)より成る。死刑の種類は,炮烙(ほうらく),焚(ふん)などの火刑をはじめ,烹(ほう)(かまゆで),車裂(また轘(かん)),支解(しかい)(四肢を断つ),腰斬(ようざん),磔(たく)(はりつけ),梟首(きようしゆ)(さらし首)など過酷なものも多い。棄市(きし)とは市場での公開処刑であり,また夷三族など親族まで死刑に処することもあった。…

※「車裂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android