コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上知令 じょうちれい

6件 の用語解説(上知令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上知令
じょうちれい

「上知 (あげち)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あげち‐れい【上知令】

天保の改革の法令の一。江戸・大坂の近隣にある大名・旗本の領地を返上させて幕領に編入し、代地を与えようとしたもの。多くの反対を受け、実施されないまま撤回された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上知令【あげちれい】

1843年天保改革の際江戸幕府の発した土地政策。従来分散していた幕府直轄領(天領)を,江戸城・大坂城の〈最寄り〉に集中することを定め,幕府の権力を強化しようとした法令。
→関連項目上知水野忠邦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あげちれい【上知令】

上知とは,江戸時代,幕府が大名,旗本の知行地を行政上の必要などから没収することであるが,上知令は,一般に天保改革末期に幕府が発令した江戸,大坂近傍の私領の収公令をさす。1843年(天保14)6月,まず江戸城,ついで大坂城最寄りの上知が,皇室,門跡などを除く諸大名,旗本に命じられた。“最寄り”の範囲は,およそ両城の10里四方と考えられる。その目的は,アヘン戦争に伴う対外的危機への対応を直接的契機とした江戸,大坂およびその沿岸の防備のため,所領の入り組んだ江戸,大坂周辺の支配関係を整理して支配を強化すること,諸大名の飛地領を整理して居城周辺に一括させることによってその支配を強化すること,さらには,年貢収納の多い地域の幕領化により財政の補強を図ったことなどが考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あげちれい【上知令】

1843年、天保の改革の末期、老中水野忠邦が発令した江戸・大坂の近傍の私領の収公令。和歌山藩主をはじめ、大名・旗本の反対が強く、同年撤回。改革挫折ざせつの直接的原因となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上知令
あげちれい

江戸幕府が大名・旗本らの領地の一部を取り上げ、それにかわる領地を与える封土転換令をいう。もっとも有名なのが、天保(てんぽう)の改革の重要政策の一として1843年(天保14)に発布されたものである。6月1日にまず江戸最寄地(もよりち)一円を、6月11日に長岡藩の新潟を、6月15日には大坂最寄地一円を幕領として収公することを命じた。7月には江戸、大坂を一括して取り扱い、その最寄地の上知を命ずる法令となった。当時民間でこの法令の事実を伝える記録では、その範囲を江戸、大坂10里四方(大坂は5里四方とも)と解しているものが多いが、法令上は「最寄地」とあるだけである。この上知令は諸大名・旗本の強い反対が予想されたので、上知高に応じて代地を与えることで解決しようとしたが、大坂最寄地では百姓や町人らが領主に融通した貸銀、年貢先納銀などが棒引きにされるのを恐れて、各所で反対運動が起こった。このような状況が幕府内にも反映し、水野忠邦(ただくに)に協力していた老中土井利位(としつら)までが上知反対派に回り、和歌山藩や大奥の動きもあって、江戸、大坂に関する限り、実施をみないまま、閏(うるう)9月7日に撤回された。しかし、新潟に関しては、13日忠邦の老中罷免ののち、10月になって実施され、幕末まで続いた。
 上知令の発令された理由は、幕領より貢租の高い私領と交換して財政強化を図ろうとしたり、江戸、大坂を中心に経済的基盤を再統一し、幕府権力の強化を図ろうとした政策である。また、対外的に防御を強化し、重要な海上交通も幕府の掌握下に収めようとするものでもあった。[津田秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上知令の言及

【摂津国】より

…1843年(天保14)幕府はさらに江戸・大坂周辺私領の公収をはかった。この天保上知令はまもなく撤回を余儀なくされ,行きづまりを露呈するものとなった。
[幕末の動揺]
 これより先37年には大塩の乱が起きた。…

【天保改革】より

…これは,代官や勘定所役人が回村して,村内耕地の検分を行い,新開地の高入れや石盛(こくもり)の変更によって年貢の増徴を目ざした画期的な試みであったが,途中で水野忠邦が失脚したため中止されている。
[上知令の失敗]
 この時期,中国大陸では清国がイギリスとアヘンの輸入をめぐり対立して戦ったが,近代的軍事力の前に屈して開港と領土の割譲を余儀なくされていた(アヘン戦争)。この報を聞いた幕府は,長崎の砲術家高島秋帆をよんで洋式の砲術訓練を行って軍事力の育成に努める一方,42年には文政の異国船打払令を撤回し,沿海に来航した外国船に薪水を供与することを許した(薪水給与令)。…

【上知令】より

…上知とは,江戸時代,幕府が大名,旗本の知行地を行政上の必要などから没収することであるが,上知令は,一般に天保改革末期に幕府が発令した江戸,大坂近傍の私領の収公令をさす。1843年(天保14)6月,まず江戸城,ついで大坂城最寄りの上知が,皇室,門跡などを除く諸大名,旗本に命じられた。…

※「上知令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上知令の関連キーワード上知預地表高給地貸付金棄捐上知と下愚とは移らず私領大名預け取潰し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上知令の関連情報