コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽追放 ケイツイホウ

デジタル大辞泉の解説

けい‐ついほう〔‐ツイハウ〕【軽追放】

江戸幕府の刑罰の一。はじめ武士・庶民とも居住国・犯罪国のほか、江戸10里四方・京・大坂・東海道道筋・日光道中へ入ることを禁じられたが、のち、百姓・町人は居住国・犯罪国・江戸10里四方に限られた。また、田畑・家屋敷なども没収された。→重追放中追放

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいついほう【軽追放】

江戸時代の重中軽三等の追放刑のうち最も軽いもの。 → 追放

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軽追放の関連キーワード姫路藩寛延一揆幡崎鼎追放刑追放無宿闕所

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android