重追放(読み)ジュウツイホウ

デジタル大辞泉「重追放」の解説

じゅう‐ついほう〔ヂユウツイハウ〕【重追放】

江戸時代の刑罰の一。追放刑の中で最も重いもの。関所破り強訴ごうそを企てた者などに科した。田畑家屋敷を没収し、庶民は犯罪地・住国・江戸10里四方に住むことを禁じ、武士の場合は、犯罪地・住国および関八州・京都付近・東海道街道筋などにも立ち入り禁止とした。→軽追放中追放

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「重追放」の解説

じゅう‐ついほう ヂュウツイハウ【重追放】

〘名〙 江戸幕府追放刑一種。重・中・の三追放刑のうち、もっとも重く、御構場所(おかまいばしょ)への立入りを禁じられ、田畑、家屋敷、家財が没収された。〔禁令考‐後集・第四・巻三五・元文五年(1740)五月一〇日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重追放の言及

【追放】より

…戦国期にも追放刑が多用され,江戸時代に受け継がれて幕府法,藩法,その他旗本など領主法上の制度として定着した。 江戸幕府の《公事方御定書(くじかたおさだめがき)》は6段階の追放刑,すなわち重追放(おもきついほう),中(なかの)追放,軽(かるき)追放,江戸十里四方追放,江戸払(えどばらい),所払(ところばらい)を掲げ,各刑について御構場所(おかまいばしよ)(立入禁止の地域)を定めている。重追放は武蔵,相模,上野,下野,安房,上総,下総,常陸,山城,摂津,和泉,大和,肥前,東海道筋,木曾路筋,甲斐,駿河を,中追放は武蔵,山城,摂津,和泉,大和,肥前,東海道筋,木曾路筋,下野,日光道中,甲斐,駿河を,軽追放は江戸10里四方,京,大坂,東海道筋,日光,日光道中を,それぞれ住居の国および犯行の国とあわせ御構場所とする。…

※「重追放」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android