日光道中(読み)にっこうどうちゅう

百科事典マイペディアの解説

五街道の一つ。日光街道とも。江戸日本橋から宇都宮を経て日光に至る37里半(約148km)。21宿(徳次郎を3宿とすれば23宿)を置く。宇都宮までは奥州道中と重複。将軍や諸大名日光社参の道として重要視された。また社参に用いられた街道はほかに王子〜川口〜岩槻(いわつき)から幸手(さって)で本街道と合する日光御成(おなり)道小山〜壬生(みぶ)から今市で合する壬生通などがあった。
→関連項目栗橋[町]栗橋関宿村大概帳千住宿日光例幣使街道房川渡水戸佐倉道壬生通り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

日光街道ともいう。江戸時代の五街道の一つ。江戸から千住(せんじゆ),草加栗橋古河,小山,宇都宮,今市などを経て,日光鉢石(はついし)宿に至る21宿,約130kmの街道。江戸幕府成立当初,江戸から奥州への街道としていち早く重視され,1602年(慶長7)初頭には,宇都宮町に対して幕府のための伝馬の負担を命じ,代りに地子が免除された。前年東海道と中山道につぐ,徳川統一政権下の,江戸を中心とする交通路の整備策であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸時代,江戸日本橋〜日光間の街道。五街道の一つ
日光街道ともいう。23宿。江戸日本橋から宇都宮までは奥州道中と重複した。各宿駅には25人・25頭の人馬が常備され,参勤に利用した大名は6家。日光東照宮の参詣道として重視された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の日光道中の言及

【五街道】より

…江戸幕府が直轄した主要な五つの陸上交通路。江戸を起点として四方に達する道で,東海道中山道甲州道中日光道中奥州道中をいう。名称は1716年(享保1)に幕府が公称を一定したが,民間では中山道を中仙道,木曾街(海)道といい,甲州道中を甲州街道ということも慣用された。…

【千住】より

…江戸期は幕府直轄領。1594年(文禄3)荒川に千住大橋が創架されたころから町場化が進み,1625年(寛永2)奥州街道,日光道中(千住~宇都宮間の17宿が重複)の初宿に指定された。以来,公用貨客を運送する伝馬役,歩行(あるき)役を負担し,その代償として地子免除などの特権を与えられた。…

【壬生通り】より

日光道中小山宿(現,栃木県小山市)の北の喜沢(きさわ)から分かれ,飯塚,壬生を経,楡木(にれぎ)で日光例幣使街道と合い,奈佐原,鹿沼,文挟(ふばさみ),板橋の7宿を通り,今市(現,栃木県今市市)で再び日光道中に合流する約30kmの街道。渡良瀬川支流の思川から黒川に沿って北上する道で,1617年(元和3)日光山に徳川家康廟(のちの東照宮)が造営されたとき,その資材が乙女河岸(現,小山市)で陸揚げされて送られた道で,江戸から日光に向かうのに当初から使われた。…

※「日光道中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android