コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪タク りんタク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪タク
りんタク

自転車のうしろあるいは横に客を乗せる席を取付けた営業用の乗物。第2次世界大戦直後から現れ,一時はかなり広く利用されたが,1950年代後期からほとんど生産されなくなり,やがてタクシー台数が増加するに従って次第に日本からは姿を消した。東南アジアでは現在でも利用されているところもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りん‐タク【輪タク】

《タクは「タクシー」の自転車後部または側面客席を取り付けた営業用の三輪車。日本では、第二次大戦後数年間流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんタク【輪タク】

〔タクはタクシーの略〕
自転車の後部または側面に客席を付設した乗り物。第二次大戦後の一時期流行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輪タク
りんたく

自転車に客席を取り付けた営業用の三輪車。競輪(けいりん)、銀輪(ぎんりん)など自転車を輪(りん)と表現することがあり、それと「タクシー」の前半とを結び付けた合成語。客席は自転車の後部につけたもの、前部につけたもの、サイドカーのように横に取り付けたものなどがあり、人力車(じんりきしや)の影響か幌(ほろ)付きのものも多かった。日本では第二次世界大戦後、ガソリン不足のためタクシーの営業が困難な時期、大都市を中心に爆発的に流行した。復員兵士など失業者が多く、またわずかな費用で改造できたからでもあろう。しかし数年で姿を消した。東南アジアの諸地方ではいまも盛んに使われており、インドではサイクル・リクシャーといわれる。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

輪タクの関連キーワードトラン・アン・ユン長井 勝一ジャカルタ岡村昭彦一時期

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android