辛労(読み)シンロウ

デジタル大辞泉 「辛労」の意味・読み・例文・類語

しん‐ろう〔‐ラウ〕【辛労】

[名](スル)つらい苦労をすること。大変な骨折りをすること。「辛労辛苦
[類語]骨折り労力ひとほね小骨苦労労苦苦心腐心辛苦心労煩労艱苦かんく艱難かんなん苦難辛酸ひと苦労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「辛労」の意味・読み・例文・類語

しん‐ろう‥ラウ【辛労】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) ほねを折ること。つらい苦労をすること。また、そのさま。辛苦。
    1. [初出の実例]「涯分致辛労、致奉公候処」(出典東寺百合文書‐を・(宝徳二年)(1450)九月二日・三浦為継書状)
    2. 「日課を判で押したように守ってゆくのも辛労(シンロウ)なことだろう」(出典:雁の寺(1961)〈水上勉〉一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android