辛労(読み)しんろう

精選版 日本国語大辞典「辛労」の解説

しん‐ろう ‥ラウ【辛労】

〘名〙 (形動) ほねを折ること。つらい苦をすること。また、そのさま。辛苦
※東寺百合文書‐を・(宝徳二年)(1450)九月二日・三浦為継書状「涯分致辛労、致奉公候処」
の寺(1961)〈水上勉〉一「日課で押したように守ってゆくのも辛労(シンロウ)なことだろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android