コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農事法[古代ローマ] のうじほう[こだいローマ]Lex Agraria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農事法[古代ローマ]
のうじほう[こだいローマ]
Lex Agraria

公有地配分に関する法律。古代ローマの共和政期には 40以上が知られ,いずれもくじによる個人,共同体への土地配分が定められている。代表的なものは前 232年ガリアの土地を貧民に配分したフラミニウス法,グラックス兄弟による土地法がある。特に後者は土地所有の不均衡による共同体の分解を阻止すべく,公有地先占を1人 500ユゲラに押え,増加没収地を貧民に配分するという画期的なものであったが,反対派によって廃止され,前 111年の土地法によって私的土地所有の進展,すなわち共同体の分解が承認されるにいたった。またネルウァ帝の農事法もグラックスにならい,貧民に皇帝領をくじで配分するものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android