コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業近代化資金 のうぎょうきんだいかしきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業近代化資金
のうぎょうきんだいかしきん

農業近代化資金助成法 (1961) によって設立された制度金融の一つ。自立経営農家の育成を目的とし,農家資金の農業への還元をはかるため,主として農協系統資金,銀行,信用金庫などの資金を元手とし,国と府県とが利子補給を行う。償還期間は5~20年で設備資金 (個人,共同利用施設) を原則としている。農業経営の多極化などに伴って,借受資格者の拡大 (たとえば農作業受託会社,農業振興公益法人など) が行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の農業近代化資金の言及

【農業近代化資金助成法】より

…1961年成立。本法によって利子補給される資金が農業近代化資金である。借手の負担金利(年利)は7分5厘以内,償還期限は20年以内と定められており,長期・低利の農業資金である。…

※「農業近代化資金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農業近代化資金の関連キーワード農業近代化資金助成法農業信用基金協会

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農業近代化資金の関連情報