コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設備資金(読み)せつびしきん(英語表記)equipment funds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設備資金
せつびしきん
equipment funds

企業において,土地,建物機械など長期の使用に耐えうる生産設備の購入に用いられる資金。生産設備に投下される資金であるから,長期的,固定的な資金であり,生産設備の操業による消耗,減価に応じ年々の収益のなかから長期間にわたり一部分ずつ回収される。設備資金の調達は,企業の内部留保 (→社内留保 ) や株式の発行による自己資本の調達と社債の発行や長期借入金による長期他人資本の調達によって行われる。企業経営の安定性の観点からは,設備資金は原則的には自己資本による調達が望ましいとされているが,日本の企業では長期他人資本,特に長期借入金による調達の比重が大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せつびしきん【設備資金】

機械・建物などの生産設備を新設・拡大・改修・更新するために投下される資金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

設備資金の関連情報