迅速な裁判(読み)じんそくなさいばん(英語表記)speedy trial

世界大百科事典 第2版の解説

じんそくなさいばん【迅速な裁判 speedy trial】

訴訟の手続が迅速に実行され,早期にその目的(民事では当事者間の権利・義務関係を確定しその紛争を解決すること,刑事では事案真相を解明し刑罰法令を正しく適用すること)を達成するような裁判をいう。あらゆる種類の訴訟において,裁判が迅速に行われることは,裁判制度を設営する国家にとっても,これに関与する当事者にとっても重大な関心事であり,これは古くから〈裁判の遅延は裁判の拒否に等しいJustice delayed,justice denied〉〈司法は新鮮であるときもっとも芳しい(F.ベーコン)〉等ので表現されてきたところである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迅速な裁判の関連情報