近衛忠房(読み)このえ ただふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛忠房 このえ-ただふさ

1838-1873 幕末の公卿(くぎょう)。
天保(てんぽう)9年8月6日生まれ。近衛忠煕(ただひろ)の子。姻戚(いんせき)関係にあった薩摩(さつま)鹿児島藩主島津氏と朝廷との提携をはかり,文久3年(1863)父らとともに公武合体派による朝廷内部のクーデターをおこす(八月十八日の政変)。慶応3年(1867)左大臣。従一位。明治6年7月16日死去。36歳。日記に「忠房公記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近衛忠房

没年:明治6.7.16(1873)
生年:天保9.8.6(1838.9.24)
幕末維新期の公家(摂家)。近衛忠煕の子。妻光子が薩摩藩主島津斉彬の養女であったこともあり,政治的にも,父忠煕と同様,姻戚関係にある薩摩藩と提携して行動することが多かった。嘉永4(1851)年権大納言となり,文久2(1862)年国事御用掛を兼任するが,尊攘派の急進的な行動を危惧し,翌年8月18日の政変決行に関与。その後,内大臣を経て,慶応3(1867)年左大臣となるが,次第に摂家の権勢も失われつつあり,一方では,岩倉具視や中山忠能ら討幕派廷臣の活動が顕著となったため,王政復古の政変直前に辞官した。

(箱石大)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近衛忠房
このえただふさ

[生]天保9(1838).8. 京都
[没]1873.7.15. 東京
幕末期の公卿。左大臣,内大臣をつとめる。関白近衛忠煕の子で,慶応3 (1867) 年5月,兵庫開港勅許問題のおり,薩摩藩など討幕派と将軍徳川慶喜らの間に立って斡旋。幕府側の圧力で一時国事掛を罷免された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android