不退転(読み)ふたいてん

精選版 日本国語大辞典「不退転」の解説

ふ‐たいてん【不退転】

〘名〙
※今昔(1120頃か)六「一生の間不退転の位を期して、阿閦仏の像を図絵し奉る事、一千躯也」 〔無量寿経‐上〕
※雲形本狂言・布施無経(室町末‐近世初)「毎月今日は、誰殿の方へ不退転(フタイテン)の御祈祷に参」
③ =ふたい(不退)③「不退転の決意
※新傾向句集(1915)〈河東碧梧桐〉明治四〇年「春雨や何彫る君の不退転」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android