コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通う カヨウ

デジタル大辞泉の解説

かよ・う〔かよふ〕【通う】

[動ワ五(ハ四)]
一定の区間を定期的に、何度も行き来する。「自転車で学校に―・う」「病院に―・う」
ある場所を自由に行き来する。「鳥も―・わぬ南海の孤島」
ある場所を通って流れる。また、止まらないで流れる。「電流が―・う」「血が―・う」「息が―・う」
気持ちなどが相手に伝わる。「心の―・う贈り物」
道筋が通じる。また、通じている。「夏の間だけバスが―・う」「江戸へ―・う街道」
似る。共通する。似かよう。「目鼻だちに―・うところがある」
精通する。通暁する。
「仏の道にさへ―・ひ給ひける御心のほど」〈・御法〉
交差する。入り交じる。
「春はやがて夏の気をもよほし、夏より既に秋は―・ひ」〈徒然・一五五〉
[可能]かよえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かよう【通う】

( 動五[四] )
定期的に同じ所へ行って帰る。 「医者に-・う」 「学校へ電車で-・う」
ある所を行き来する。通る。 「鳥も-・わぬ絶海の孤島」 「青旗の木旗の上を-・ふとは/万葉集 148
ある場所へ道筋がいたる。通じている。 「日光へ-・う街道」
道筋をたどって物が一方から他方に至る。 「全身に血が-・う」
気持ちがつたわる。心が通じる。 「心の-・わない人」
似る。共通する。 「潮騒しおさいに-・う響き」
詳しく知っている。 「女の御おきてには至り深く仏の道にさへ-・ひ給ひける/源氏 御法
交差する。 「夏より既に秋は-・ひ/徒然 155
[可能] かよえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通うの関連キーワード県内の外国籍の児童・生徒惚れて通えば千里も一里吉原駕籠・吉原駕篭ダブルスクール認可外保育園特別支援教育たぬき学校どうする連忍び編み笠悪所通い忍び頭巾山谷草履新地通い女郎狂い吉原駕籠通い詰め山谷通ひ在り通ふ習い事真直ぐ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通うの関連情報