コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通過貿易 つうかぼうえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通過貿易
つうかぼうえき

A,B2国間で取引される貿易品が第三国であるC国を通って送られるような貿易を,C国からみて通過貿易という。中継貿易との違いは,C国の貿易業者がA,B2国間の貿易の仲介をしない点である。したがってC国は貿易商品の国内通過により生じる手数料や荷扱い労務上の収益などを得るだけである。国が陸地で連なっているヨーロッパによくみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つうか‐ぼうえき〔ツウクワ‐〕【通過貿易】

自国を通過して行われる他国間の貿易。自国の業者は貿易取引に関与しない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

通過貿易【つうかぼうえき】

A国からC国へ輸出する貨物がB国を経由していく場合の貿易をB国側から通過貿易という。形式的には中継貿易と同じだが,B国は貨物通過に関する運賃や保険料収入を得るだけであり,また仲介貿易と異なって契約面には一切関与しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

つうかぼうえき【通過貿易】

自国を経由して行われる他国同士の貿易。中継なかつぎ貿易と違って自国の業者は商取引に関与しない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通過貿易
つうかぼうえき
transit trade

貿易貨物が輸出国から輸入国へ送られるとき、経路などの都合で直接に輸送されないで、いったん第三国(経由国)に陸揚げされて同国内を通過し、さらに仕向国に積み出される場合、この貿易を第三国からみて通過貿易という。形式的には中継(なかつぎ)貿易と似ているが、中継貿易の場合には、経由国の業者が貨物の売買契約当事者となるのに対して、通過貿易の場合には、経由国の業者は売買契約にはいっさい関与せず、貨物が単に通過するにすぎない。したがって、経由国の業者の収益源は、売買差益ではなく、運賃、保管料、保険料、艀(はしけ)料など貨物の通過に伴う種々のサービス料金である。オランダは、スイスやオーストリアなどの中部ヨーロッパ諸国と非ヨーロッパ諸国との貿易取引を結ぶ通過貿易国として有名である。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

通過貿易の関連キーワードアストラハン・ハン国カールスタード協定商取引関税自国

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android