コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道二翁道話 どうにおうどうわ

2件 の用語解説(道二翁道話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どうにおうどうわ【道二翁道話】

江戸中期の心学者中沢道二の道話を編集したもの。6編15巻。八宮斎の編集。初編は1795年(寛政7),続編は1824年(文政7)までに刊行された。明治以後もしばしば活字になっている。道二は道を説くが,それは順応の道であり,天地和合の道である。幕府の高札も道話の主題にとりあげているので,御用学問であると非難されるが,彼はそこに道が示されていると見たのであり,《論語》や《孟子》を引用するのと同じであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道二翁道話
どうにおうどうわ

江戸後期の石門心学(せきもんしんがく)者中沢道二の道話を、八宮斎(はちのみやいつき)などの門下生が筆録編集した書。6篇(へん)15巻。1795年(寛政7)~1824年(文政7)刊。のちに『道二翁道話続篇』が1843年(天保14)~47年(弘化4)に刊行された。彼の道話は「神道(しんとう)儒道仏道の、生(いき)てぴちぴちするのを、手づかまえにして話す」というように、人間の「本心」の究明のために、儒書・仏書はもちろん、広く和歌や文芸作品なども引用し、加えて庶民の多様な日常生活の体験を素材にする。道二の社会的布教活動とその平易軽妙な語り口は、「道話」という心学の教化方法を定着させ、四民教化において心学といえば道話を連想させることとなった。[今井 淳]
『石川謙校訂『道二翁道話』(岩波文庫) ▽柴田実編『日本思想大系 42 石門心学』(1971・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道二翁道話の関連キーワード中沢道二柴田鳩翁植松自謙大島有隣心学都鄙問答道話浅井きを石川総弾平野橘翁

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone