コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道光(2) どうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道光(2) どうこう

1243-1330 鎌倉時代の僧。
寛元元年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)の人。比叡(ひえい)山でまなび,のち浄土宗に改宗して良忠の法をつぐ。京都三条の悟真(ごしん)寺で布教,著作にはげみ,三条派の祖とあおがれた。元徳2年3月29日死去。88歳。一説に3年7月19日死去とも。俗姓は宍戸。字(あざな)は了慧。号は望西楼,蓮華堂。諡号(しごう)は広済和尚。編著に「黒谷上人語灯録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道光(2)の関連キーワード寛元インノケンチウス4世ネマニッチ朝浄土宗クルテアデアルジェシュ高階隆兼世良親王ピサーノエドワード(3世)北畠親房

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone