コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道徳的危険 どうとくてききけん

保険基礎用語集の解説

道徳的危険

人間の精神状況あるいは心理作用等に起因する危険のことです。すなわち保険契約者被保険者保険金受取人、保険の目的(損害保険契約における保険の対象物)に接触する人の故意や不注意など、人為的な要素によって保険事故を招致する可能性があることから生ずる危険のことを指します。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道徳的危険
どうとくてききけん

保険契約者の心理作用や動機に関連する危険で、主観的または人為的危険、モラル・ハザードともいう。道徳的危険は、実体的危険または客観的危険に対立する危険である。実体的危険または客観的危険とは、保険の目的物の構造・用途・所在・周囲の状況、高血圧、危険な職業への従事など、保険事故の発生率に影響を及ぼす客観的・実体的・具体的危険をいう。これに対し、道徳的危険は、たとえば、保険契約者が、故意の保険事故招致や保険事故の発生を仮装して不正に保険金請求を行おうとする意図や心理作用をいう。道徳的危険は保険契約者の心理作用や動機にかかわるものなので、これを直接把握することは困難である。そこで、保険者は保険契約者の保険契約の申込みの動機、年齢・職業・資産・収入等に比較して必要額以上の高額の生命保険契約(過当契約)、保険契約者の過去における保険事故歴などを考慮して間接的に道徳的危険の存否を判断することになる。なお、道徳的危険も告知義務の対象となる事実にあたるか否かについては見解が分かれている。[坂口光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の道徳的危険の言及

【モラル・リスク】より

…保険の用語で,モラル・ハザードmoral hazardという語も使われるが,どちらも〈道徳的危険〉と訳される。保険契約者あるいは被保険者の性格またはこれらの者と接触する者の性格にかかわる危険をいう。…

※「道徳的危険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道徳的危険の関連キーワードモラル・リスクモラルハザードモラルリスク保険の用語ハザード標準体モラル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android