遣唐使船(読み)けんとうしせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「遣唐使船」の解説

遣唐使船
けんとうしせん

遣唐使を派遣するのに使用された船。初期は朝鮮西海岸沿いの安全な航路をとったが,新羅との関係が悪化してからは九州から中国へ直航する東シナ海横断航路をとったため,海難が多かった。普通4隻の編成で,1隻には 120人あまりも乗っているので,中国式ジャンク構造の大型船と推定されている。航海を併用したが,航海術の幼稚さが海難の頻発に結びついた。建造地は主として安芸国 (広島県) であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android