コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備大臣入唐絵巻 きびだいじんにっとうえまき

2件 の用語解説(吉備大臣入唐絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉備大臣入唐絵巻
きびだいじんにっとうえまき

奈良時代の学者吉備真備の入唐にまつわる説話を絵巻としたもの。 12世紀末~13世紀初期の作。紙本着色,1巻 (現在は4巻に改装) 。ボストン美術館蔵。物語は,遣唐使として中国に渡った真備が高楼に幽閉され,唐の博士らに囲碁の勝負や『文選』の講読などでその学才をためされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備大臣入唐絵巻
きびだいじんにっとうえまき

絵巻。4巻。ボストン美術館蔵。もと二巻本であったと思われるが、現存するのは前半のみで、しかも巻首の詞(ことば)を失っている。全長24.4メートルあり、現存の絵巻のなかではもっとも長かったが、1964年(昭和39)に四巻本に改装された。内容は吉備真備(きびのまきび)(奈良時代の学者で廷臣)が遣唐使として唐に渡った際、唐の朝廷から多くの難題を出され、その才能技芸を試される。それを阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)の霊が鬼に化けて吉備を助けるという話を描いている。絵はかなりの濃彩を用いるとともに、一方では誇張的と思われる癖のある描線を駆使して動きのある図様を構成する。同一人物が繰り返し幾度も反復描写されるのもこの作品の特色である。描写は『伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)』(12世紀)に近似するところがあり、同じく常磐光長(ときわみつなが)の筆と伝えられるが、画風的にやや形式化がみられ、光長らの系統を引く鎌倉初頭の制作と考えられる。この絵巻は、室町時代には若狭(わかさ)国(福井県)松永荘(しょう)の八幡宮(はちまんぐう)に『伴大納言絵詞』などとともに伝存していたもので、その後藩主酒井氏の蔵品として同家に伝えられた。[村重 寧]
『梅津次郎編『新修日本絵巻物全集6 粉河寺縁起絵・吉備大臣入唐絵』(1977・角川書店) ▽小松茂美編『日本絵巻大成3 吉備大臣入唐絵巻』(1977・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉備大臣入唐絵巻の関連情報