コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子疾患 イデンシシッカン

2件 の用語解説(遺伝子疾患の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いでんし‐しっかん〔ヰデンシシツクワン〕【遺伝子疾患】

遺伝子の異常が原因となって生じる疾患の総称。染色体異常のほか、特定の遺伝子が繰り返し増幅された遺伝子増幅、本来必要な部分が欠けた遺伝子欠損、腫瘍や癌(がん)の原因となる遺伝子の突然変異などが知られる。次世代に疾患の原因が遺伝する狭義の遺伝病以外のものも含まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺伝子疾患
いでんししっかん
genetic disorder

遺伝子の異常がおもな原因となっておこる疾患で狭義の遺伝病hereditary diseaseに相当する。遺伝子は染色体上に配列されたDNAデオキシリボ核酸)であり、酵素タンパク質の構造を決める情報が組み込まれている。したがって、酵素タンパク質が遺伝子の情報によって合成される過程のうち、どの段階に異常が生じるかにより遺伝子疾患は分類される。
(1)遺伝情報をもつ構造遺伝子(DNA)の異常には鎌(かま)形赤血球貧血のほか、フェニルケトン尿症をはじめ、先天性代謝異常の大部分が含まれる。
(2)酵素タンパク質合成の進行を制御する調節遺伝子とオペレーター(作動遺伝子)の異常には、オロット酸尿症がある。これは貧血と発育障害が顕著な疾患で、オロチジン酸デカルボキシラーゼなどの先天的欠損のため、ピリミジン合成の過程に異常をきたすことによっておこる。
(3)遺伝情報に即した酵素タンパク質の合成を可能にさせるメッセンジャーRNA(伝令RNA)の異常には異常血色素病の一つであるサラセミア(地中海貧血)がある。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺伝子疾患の関連キーワード先天異常対立遺伝子遺伝子診断先天性貧毛症保因黄斑変性cdc遺伝子腎血管性高血圧代謝性疾患がん[癌]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遺伝子疾患の関連情報