コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都築正男 つづきまさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都築正男
つづきまさお

[生]1892
[没]1961.4.5. 東京
外科学,放射線医学者。海軍少将。 1917年東京帝国大学医学部卒業。海軍軍医となったが,東京大学塩田外科に学び,X線の動物に対する効果を研究。広島の原子爆弾投下による被爆症状を調査研究し,また第五福竜丸事件の調査を行い,久保山愛吉は水素爆弾の犠牲者であることを示した (→ビキニ環礁 ) 。 27~46年東京大学教授,54年より日本赤十字中央病院長。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都築正男 つづき-まさお

1892-1961 大正-昭和時代の外科学者。
明治25年10月20日生まれ。海軍軍医をへて昭和2年東京帝大教授となる。29年日赤中央病院長。広島,長崎の原爆被災調査,ビキニ水爆実験被爆(ひばく)した第五福竜丸乗組員の診療と調査にあたった。日本放射線影響学会初代会長。昭和36年4月5日死去。68歳。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

都築正男の関連キーワード第五福竜丸事件原子爆弾投下都築 正男久保山愛吉榊原 仟昭和時代水素爆弾X線大正