鄭家屯事件(読み)ていかとんじけん

世界大百科事典 第2版の解説

ていかとんじけん【鄭家屯事件】

1916年8月13日中国遼寧省鄭家屯でおきた日中両軍の衝突事件。発端は売薬業店員(日本人)と中国兵とのささいな口論であるが,駐屯日本軍(1914年8月より駐在)が干与したため日中両軍の衝突となり,日本側14名(うち巡査1),中国側4名の戦死者を出した。中村覚関東都督は増援部隊(騎兵2中隊,歩兵1大隊)を派遣し鄭家屯を占領,四平街~鄭家屯間の中国軍の撤退を要求,かつ両地間に軍用電線を架設した。大隈重信内閣は9月2日林権助公使をして中国軍第28師団長の懲戒,南満州・東部内蒙古の必要な地点への警察官の駐在などを中国側に要求させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鄭家屯事件
ていかとんじけん

中国東北で起きた日中両軍の紛争。1916年(大正5)8月、奉天(ほうてん)省鄭家屯(現吉林(きつりん)省双遼(そうりょう))で、日本人商人と中国人とのいさかいに端を発して双方の部隊が衝突、日本側7名、中国側4名の死者を出した。おりから日本側の一部は、蒙古(もうこ)のパプチャップらを利用して第二次満蒙(まんもう)独立運動を企てており、日本軍はこの事件を口実に中国側の奉天軍第28師団を撤退させて鄭家屯を占領した。大隈重信(おおくましげのぶ)内閣もこれをとらえ、中国軍や中国士官学校への日本人顧問の招聘(しょうへい)、日本人警官の配置など、東北権益強化のため包括的な要求を出した。しかし翌年1月の交換公文で、要求のうち第28師団長の罷免、責任者の処罰、奉天督軍の陳謝などをのませて外交上の決着をみた。[岡部牧夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android