コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸クロム さくさんクロムchromium acetate

世界大百科事典 第2版の解説

さくさんクロム【酢酸クロム chromium acetate】

酸化数IIおよびIIIの化合物が知られている。
[酢酸クロム(II)]
 化学式Cr(CH3COO)2。無水和物および1水和物が知られており,いずれも赤色結晶。冷水にはわずかに溶けるが,熱水にはよく溶ける。空気中では酸化されやすい。空気を断って酢酸クロム(III)を還元するが,クロム(III)塩水溶液に酢酸アルカリを加えて濃縮すると1水和物Cr(CH3COO)2・H2Oが得られる。これは四つのCH3COOが二つのCrを橋架けしている[Cr2(CH3COO)4(H2O)2]のような複核錯体である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

酢酸クロムの関連キーワード青写真ジアステレオマー水酸化金酸化ビスマス水酸化クロムインテルサット酸化還元指示薬AMD-K6-IIIアンギオテンシンTruePic

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android