コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素アセチレン炎 さんそアセチレンえんoxyacetylene flame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素アセチレン炎
さんそアセチレンえん
oxyacetylene flame

アセチレンと酸素を適当な比率で混合して燃焼すると得られる。炎の最高温度は 3000~4000℃に達し,鉄板などの溶接や切断,白金や水晶の融解などの高温作業に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんそ‐アセチレンえん【酸素アセチレン炎】

酸素アセチレン混合ガスの燃焼による炎。セ氏3000度くらいの高温が得られ、鉄などの溶接・溶断に利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

酸素アセチレン炎【さんそアセチレンえん】

酸素とアセチレンとの混合ガスを燃焼させて得られる炎。5:2の混合比が普通で最高温度3000℃に達する。金属の溶接や切断などに使用。
→関連項目セラミックコーティング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんそアセチレンえん【酸素アセチレン炎】

アセチレンの気流に酸素を混合して点火して生じさせる高温度の炎。摂氏2900~3100度の高温が得られるので、金属の溶接・切断に利用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸素アセチレン炎
さんそあせちれんえん
oxyacetylene flame

それぞれの高圧容器に収められた酸素とアセチレンをバーナーに導き、混合して点火すると得られる炎。3000℃に達する高温度が得られ、金属の切断や溶接に利用される。燃焼反応は
  2C2H2+5O2―→4CO2+2H2O
となるが、溶接の際には酸素供給量を少なくした還元炎、切断の際には過剰にした酸化炎を利用する。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酸素アセチレン炎の関連キーワードセラミックス・コーティング酸素アセチレン溶接水中切断ガス溶接酸水素炎酸素溶接ガス切断気流

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android