酸素アセチレン炎(読み)さんそアセチレンえん(英語表記)oxyacetylene flame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素アセチレン炎
さんそアセチレンえん
oxyacetylene flame

アセチレンと酸素を適当な比率で混合して燃焼すると得られる。炎の最高温度は 3000~4000℃に達し,鉄板などの溶接切断白金水晶融解などの高温作業に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

酸素アセチレン炎【さんそアセチレンえん】

酸素とアセチレンとの混合ガスを燃焼させて得られる炎。5:2の混合比が普通で最高温度3000℃に達する。金属の溶接や切断などに使用。
→関連項目セラミックコーティング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸素アセチレン炎
さんそあせちれんえん
oxyacetylene flame

それぞれの高圧容器に収められた酸素とアセチレンをバーナーに導き、混合して点火すると得られる炎。3000℃に達する高温度が得られ、金属の切断や溶接に利用される。燃焼反応は
  2C2H2+5O2―→4CO2+2H2O
となるが、溶接の際には酸素供給量を少なくした還元炎、切断の際には過剰にした酸化炎を利用する。

[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さんそアセチレン‐えん【酸素アセチレン炎】

〘名〙 (アセチレンはacetylene) アセチレンと酸素をブローパイプを用いて燃焼させたときの炎。最高温度は摂氏三〇〇〇度以上といわれ、鉄などの溶接、溶断に用いられる。オキシアセチレン炎。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

酸素アセチレン炎
サンソアセチレンエン
oxyacetylene flame

アセチレンと酸素の予混合炎.3000 ℃ もの高温に達するので,金属の溶接,溶断などによく用いられている.アセチレンの完全燃焼には理論的に2.5倍容の酸素を必要とする

2C2H2 + 5O2 → 4CO2 + 2H2O

が,普通,溶接用には等容積を混合したときの内炎(還元炎,COと H2 を含む)を,溶断用には酸素過剰の炎を用いる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android