完全燃焼(読み)カンゼンネンショウ

デジタル大辞泉の解説

かんぜん‐ねんしょう〔クワンゼンネンセウ〕【完全燃焼】

[名](スル)
可燃物が、十分な酸素の供給のもとで燃え尽きること。二酸化炭素水蒸気などを生じる。
(比喩的に)力を完全に出しきること。望みどおりの成果を得ること。「高校生活最後の大会では完全燃焼した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぜんねんしょう【完全燃焼】

可燃性物質が十分な酸素の存在のもとで燃焼し、すべての構成元素が、その状態で最も安定な単体または酸化物になること。 ⇔ 不完全燃焼

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

完全燃焼の関連情報