コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

完全燃焼 カンゼンネンショウ

デジタル大辞泉の解説

かんぜん‐ねんしょう〔クワンゼンネンセウ〕【完全燃焼】

[名](スル)
可燃物が、十分な酸素の供給のもとで燃え尽きること。二酸化炭素水蒸気などを生じる。
(比喩的に)力を完全に出しきること。望みどおりの成果を得ること。「高校生活最後の大会では完全燃焼した」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぜんねんしょう【完全燃焼】

可燃性物質が十分な酸素の存在のもとで燃焼し、すべての構成元素が、その状態で最も安定な単体または酸化物になること。 ↔ 不完全燃焼

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

完全燃焼の関連キーワード日産ディーゼル クオン自動車排出ガス対策技術自動車排出ガス規制アフターファイアカーボンブラック一酸化炭素中毒微粉炭燃焼装置ボンブ熱量計理想的空燃比ガス発生炉グルコース一酸化炭素不完全燃焼発生炉ガス童門冬二元素分析過剰空気予燃焼室航空燃料燃焼効率

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

完全燃焼の関連情報