コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里雪 さとゆき

4件 の用語解説(里雪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里雪
さとゆき

日本海に気圧の谷や小さな低気圧がある場合に,山地や山沿いよりも日本海側の平野部や海岸で多量の降雪があること。冬型気圧配置での日本海側の雪は,季節風が日本海で水蒸気を多く含み,脊梁山脈で上昇し山地や山沿いに多量の雪を降らせることが多いが,里雪の場合は地上天気図等圧線が日本海で袋状に湾曲しているか,小さな低気圧がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さとゆき【里雪】

里に降る雪。特に、日本海側で平野部や海岸を中心に多量に降る雪。 ↔ 山雪

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里雪
さとゆき

冬型の気圧配置の末期に、日本海沿岸や平野部に多く降る雪のことをさす。冬季に大陸から吹き出す乾燥した寒気は、日本海で暖められ、また水蒸気を補給されて変質し、巨大な雪雲を形成して日本海沿岸や平野部に雪を降らせる。このとき海岸地方に小低気圧が発生することが多い。山雪に対することばで、里雪の多くは狭い範囲に短時間で多量に降るため、「豪雪」とか「ドカ雪」とよばれる。海岸部の都市に降る場合は、しばしば交通、通信、その他の社会生活に被害を及ぼす。[前野紀一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の里雪の言及

【日本列島】より

…南西諸島では北東の風で雲が多く,にわか雨が降りやすい。同じ西高東低型でも,等圧線が日本海で低気圧性に湾曲してしばしば秋田沖などに小低気圧がある型を特に〈袋型〉と呼び,平野部や沿岸部を中心に大雪が降る(里雪型の大雪)ことが多い。シベリアから南下してくる寒気団が暖かい日本海を渡るとき,日本海から熱と水蒸気の供給を受けて変質する。…

【雪】より

…しかし,なぜ雪の結晶形が温度によって角板になったり,針になったり,角柱になったりするのかの詳しいメカニズムはまだ不明である。
[豪雪,山雪,里雪,雪が降るときの気象条件]
 冬季シベリアから強い寒気団が南下して日本海の海上に出ると,雪の原料となる水蒸気を海面からたっぷり供給される。同時に大気は下層が暖められるので下が軽く上が重い不安定な状態となり,ついには激しい対流が起こって積乱雲の雪雲が発生する。…

※「里雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

里雪の関連情報