コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山雪 やまゆき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山雪
やまゆき

冬型気圧配置の場合に,北西季節風が日本海で水蒸気を補給したのちに脊梁山脈で上昇させられ,山地や山沿いに雪を降らせること。山雪では地上天気図の等圧線が日本付近でほぼ南北に走り,間隔が狭い。500hPa面の気圧配置は,日本列島付近に気圧の谷が形成されている(日本谷)か,日本の東海上が谷の場になっている(東谷)ことが多い。(→里雪

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やまゆき【山雪】

山に降る雪。特に、日本海側で平野部よりも山間部に多量に降る雪。 ⇔ 里雪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山雪
やまゆき

冬季、新潟県や北陸地方で、平野部よりも山間部の広い範囲に長時間にわたって多く降る雪。里雪に対することば。日本付近への大陸性高気圧の張り出しが強く、いわゆる西高東低の気圧配置のとき、シベリアから南下する寒気団は、日本海を渡るとき多量の熱と水蒸気の供給を受けて変質する。この変質気団が日本の脊梁(せきりょう)山脈(中央山脈)を越えるとき、強制上昇させられるために、山地を中心に降る雪が山雪である。1980年(昭和55)12月下旬から81年1月中旬にかけて降った山雪型豪雪では、富山県五箇山(ごかやま)地方で積雪深は4メートルを超え、各地で雪崩(なだれ)が発生した。[前野紀一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山雪の言及

【日本列島】より

…日本付近では縦縞模様の等圧線が南北に走り,北西の季節風が強い。日本海側では,曇りで雨,雪の所が多く,山間部を中心に大雪が降る(山雪型の大雪)が,太平洋側では北西の空っ風が吹き晴天となり乾燥する。南西諸島では北東の風で雲が多く,にわか雨が降りやすい。…

【雪】より

…しかし,なぜ雪の結晶形が温度によって角板になったり,針になったり,角柱になったりするのかの詳しいメカニズムはまだ不明である。
[豪雪,山雪,里雪,雪が降るときの気象条件]
 冬季シベリアから強い寒気団が南下して日本海の海上に出ると,雪の原料となる水蒸気を海面からたっぷり供給される。同時に大気は下層が暖められるので下が軽く上が重い不安定な状態となり,ついには激しい対流が起こって積乱雲の雪雲が発生する。…

※「山雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山雪の関連キーワードサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂スルタン・ハッサン・モスクサクレ・クール大聖堂アマリエンボール宮殿カージマイン・モスクパレ・デ・ナシオンスレイマン・モスク青森県青森市幸畑フラウエン大聖堂スノードン[山]日本海岸気候日本海側気候ビッグ・ベンボン大聖堂土居 次義加納 一郎カペル橋春木南湖金子雪操漲川永海

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山雪の関連情報