コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重クロム酸ナトリウム ジュウクロムサンナトリウム

4件 の用語解説(重クロム酸ナトリウムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうクロムさん‐ナトリウム〔ヂユウ‐サン‐〕【重クロム酸ナトリウム】

二クロム酸ナトリウムの俗称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重クロム酸ナトリウム
じゅうクロムさんナトリウム

二クロム酸ナトリウム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重クロム酸ナトリウム
じゅうくろむさんなとりうむ
sodium bichromate

クロム酸ナトリウム塩。正式名称は二クロム酸ナトリウムsodium dichromateという。
 クロム鉱から、炭酸カリウムのかわりに炭酸ナトリウムを用い、重クロム酸カリウムと同様な方法でつくられる。冷水溶液からは二水和物が結晶し、これを加熱すると84.6℃で無水和物(式量262.0)となる。皮なめし、媒染剤、さび止め、防腐剤、油脂の漂白剤など多くの用途がある。重クロム酸カリウムと化学的性質のよく似た赤色結晶であるが、工業的にはカリウム塩より安価であり、とくに高純度を要しない多量使用に適している。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の重クロム酸ナトリウムの言及

【二クロム酸】より


[二クロム酸ナトリウム]
 化学式Na2Cr2O7。俗称重クロム酸ナトリウム。工業的にはクロム鉄鉱(主成分FeO・Cr2O3)を消石灰Ca(OH)2,ソーダ灰Na2CO3とともに焙焼(ばいしよう)し,水で浸出した液を硫酸で酸性にして2水和物結晶として取り出している。…

※「重クロム酸ナトリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone