コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重松清 シゲマツキヨシ

知恵蔵の解説

重松清

日本の作家。1963年3月6日生まれ、岡山県出身。83年、早稲田大学3年時に文芸誌「早稲田文学」編集部に入ったのが出版に関わる出発点。先輩には中上健次、立松和平がおり、「かわいがられ、叱られた」という。同大学教育学部卒業後、出版社勤務を経て、フリーライターとして田村章など多数のペンネームで執筆活動を始めた。
91年、『ビフォア・ラン』(ベストセラーズ、現在は幻冬舎文庫)でデビュー。99年、『ナイフ』(新潮文庫)で坪田譲治文学賞を、『エイジ』(新潮文庫)で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』(新潮文庫)で直木賞、10年には『十字架』(講談社)で吉川英治文学賞を受賞した。現代の家族をえがくことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表している。著書は他に、『定年ゴジラ』(講談社文庫)、『隣人』(講談社、講談社文庫で改題『世紀末の隣人』)、『きよしこ』(新潮文庫)、『トワイライト』(文春文庫)、『疾走』(角川文庫)、『その日のまえに』(文春文庫)、『カシオペアの丘で』(講談社文庫)、『とんび』(角川書店)、など多数。13年発表の『ゼツメツ少年』(新潮社)で、14年、第68回毎日出版文化賞(文学・芸術部門)を受賞。
ドラマ化、映画化された作品も多い。『ビタミンF』は、02年にNHKでドラマ化された。
02年に刊行された長編小説『流星ワゴン』(講談社文庫)は、月刊誌「本の雑誌」により02年度年間ベスト10の第1位に選ばれ、累計発行部数は100万部を突破した人気作品で、人気ドラマ「半沢直樹」のスタッフによりテレビドラマ(TBS日曜劇場シリーズ)に映像化され、15年1月に放映が開始されている。
文字に対するこだわりが強く、単行本を出す際には、老舗印刷会社「精興社」のオリジナルフォント「精興社書体」を指名している。
野球ファン、広島カープファンで、『赤ヘル1975』(講談社)、『アゲイン』(集英社「小説すばる」連載)などの作品がある。『アゲイン』を原作とした映画『アゲイン 28年目の甲子園』は、中井貴一主演で15年1月公開。

(葛西奈津子 フリーランスライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重松清 しげまつ-きよし

1963- 平成時代の小説家。
昭和38年3月6日生まれ。「早稲田文学」編集部勤務などをへてフリーライターとなり,おおくの雑誌記事,単行本をかく。一方,現代の家族をテーマにした小説を発表し,平成11年「ナイフ」で坪田譲治文学賞,「エイジ」で山本周五郎賞,13年「ビタミンF」で直木賞。22年「十字架」で吉川英治文学賞。26年「ゼツメツ少年」で毎日出版文化賞。岡山県出身。早大卒。作品はほかに「定年ゴジラ」「日曜日の夕刊」「ブランケット・キャッツ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重松清の関連キーワードあすなろ三三七拍子ライオン先生あおげば尊しknifeヒバゴン新聞小説青い鳥町亞聖

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重松清の関連情報