コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重粒子線治療 じゅうりゅうしせんちりょうheavy particles cancer treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重粒子線治療
じゅうりゅうしせんちりょう
heavy particles cancer treatment

組織にネオンアルゴンなど重い粒子をぶつけて破壊する新療法。世界初の装置を科学技術庁付属機関だった放射線医学総合研究所 (千葉市稲毛区穴川) が完成させ,1994年6月より臨床試行を実施している。重粒子線は放射線の一種だが,従来の放射線治療に比べ,癌を破壊する効果が大きいのに周辺の正常組織に与える障害が少ないのが特徴である。体外から照射すると,体内のある深さで放射線量が急に強くなる性質があり,癌病巣だけを集中的に破壊できる。皮膚癌,骨・軟部肉腫,脳腫瘍,眼球腫瘍,肺癌,肝臓癌などに効果を発揮する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

重粒子線治療

重粒子(炭素イオン)を加速器で飛ばし、体の奥にあるがんをたたく新しい治療烹体にメスを入れないだけでなく、一定の深さの位置にあるがんだけを集中して壊せるため、副作用も少ない。肺がん肝臓がん前立腺がんなどに効果がある。保険の適用外で患者は300万円ほどの自己負担が必要。国内で現在治療を行っている施設は千葉市と兵庫県の2カ所のみだが、各地で建設計画が持ち上がっている。

(2008-09-29 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうりゅうしせん‐ちりょう〔ヂユウリフシセンチレウ〕【重粒子線治療】

重粒子線癌治療

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重粒子線治療
じゅうりゅうしせんちりょう

重粒子線を用いる放射線療法の一種。放射線感受性の悪い腫瘍(しゅよう)、肉腫などに有効とされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

重粒子線治療の関連情報